コロナ禍にドローンで消毒液噴霧除菌

query_builder 2020/12/07
ブログ
除菌

新型コロナウイルスへの感染は、ウイルスを含む飛沫が口、鼻や眼などの粘膜に触れること、または、ウイルスがついた手指で口、鼻や眼の粘膜に触れることで起こります。 


弊社では、農薬散布機AGRAS T-20でスタジアムやイベント会場の消毒作業を行っています。


非GPS環境下でも液剤の散布が可能です。


殺菌効果と揮発性の低さなどから亜塩素酸水を噴霧して消毒します。


クロラス除菌ウォーターを希釈して散布致します。


感水紙や微生物迅速検査システムを用いて散布の確認を行います。


AgrasT-20は農薬の散布を効率的に行う設計になっていて、散布幅が6mあり、プロペラのダウンウォッシュ(下に押し付ける風) も強いため壁から多少離れた位置からでも、壁際まで液体を散布されていることが出来ます。


屋内屋外問わず、コロナ関係の消毒が可能です。


ご依頼があれば消毒液噴霧は1ha/98,000円から承ります。


お気軽にお問い合わせください。




除菌液噴霧作業風景




吐出口アップ

NEW

  • 新年のご挨拶と抱負(ドローンの今後)

    query_builder 2021/01/05
  • ドローン×赤外線カメラでの建物外壁診断

    query_builder 2020/12/25
  • ドローン×赤外線カメラでの社会インフラ点検

    query_builder 2020/12/23
  • ドローンでの空中写真測量と使用ソフト

    query_builder 2020/12/22
  • ドローンによる通信・送電鉄塔点検サービス

    query_builder 2020/12/18

CATEGORY

ARCHIVE