地上レーザースキャナとドローンを組み合わせたICT活用工事

query_builder 2021/01/13
ブログ
点群データ

栃木県栃木市薗部町を流れる一級河川永野川の氾濫を抑制するための護岸工事の現況測量を実施しました。


栃木県栃木土木事務所発注の工事で長期計画で永野川全体の河幅を広げる計画の災害助成事業です。


今回は、令和2年度発注の永野川護岸工事その2を受注した『前原・大昇・乃木鈴特定建設工事共同企業体』様からの依頼で現況測量・土量比較・3次元モデル設計までを行います。


工区内に橋梁があり、他の建設会社で橋梁修繕工事が行われているため、ドローンでの空中写真測量だけでは橋梁下部の地形を計測することができないため、橋梁下部は地上レーザースキャナを使用して計測をしました。


設計図書(平面図・縦断図・横断図)より必要な要素を取得し3次元設計データを作成します。

作成した設計データは3次元現況データと重ね合わせ土量計算を行います。

重機に設計データを入れるためLandxml(MC、MG)に変換いたします。

点群データ

↑ドローンでの空中写真測量で取得した点群データ


上空からの写真測量のため橋梁下部の点群データが取得出来ていません。

点群データ

↑地上レーザースキャナでのレーザー測量で取得した点群データ


橋梁下部にTLSを設置して橋梁の周囲の点群データが取得しました。

点群データ

↑ドローンでの空中写真測量と地上レーザースキャナでのレーザー測量を合成した点群データ


地上型レーザは3次元座標と反射強度を測定する機能を有しており、高密度な3次元データを短時間で所得することが出来る測量機です。

近年は国土交通省推進のICT土工、ICT舗装などで必須機器となっています。

UAVと比べると広範囲な計測には向いていませんが、精密な3次元データを 取得出来ますので構造物等がある現場ではUAVよりTLSを使用します。


また、地上レーザースキャナは文化財や災害エリアの計測にも適してます。

複雑な建造物や石積み等も精密に計測することにより詳細な3次元モデルが作成できます。

カラー取得も非常に綺麗な3次元モデルを取得出来ます。


弊社では、様々なニーズに対応しています。

お気軽にお問い合わせください。

NEW

  • ウエディングムービー 映像制作 +ドローン

    query_builder 2021/01/18
  • 緊急事態宣言への対応について

    query_builder 2021/01/14
  • 地上レーザースキャナとドローンを組み合わせたICT活用工事

    query_builder 2021/01/13
  • 空中写真測量を活用した森林開発計画

    query_builder 2021/01/09
  • 新年のご挨拶と抱負(ドローンの今後)

    query_builder 2021/01/05

CATEGORY

ARCHIVE